なぜ人気?カードの現金化|クレジットカードがあれば大丈夫!現金に困ってもOK!

クレジットカードがあれば大丈夫!現金に困ってもOK!

なぜ人気?カードの現金化

紙幣を持つ男性

クレジットカード現金化が人気を博している理由は、やはり総量規制による借入額の低額化、キャッシング枠の上限額が関わっていると言えるでしょう。 まず総量規制による借入額の低額化ですが、これは2010年に施行された総量規制によって、年収の3分の1以上の金額を貸し付けることが禁止されたことを意味します。 まとまったお金を借り入れることができなくなった利用者が現金を借りにくくなり、クレジットカード現金化という手段をとるようになったのです。 さらにもともとクレジットカード会社はキャッシング枠の上限額をある程度の低額に設定しています。 これらが合わさり、キャッシング枠で事足りなくなった人がショッピング枠の現金化を行うことが多くなってきたのです。

クレジットカード現金化という行為は、現金化する人が100人いれば100通りの換金額や換金率があります。 しかし業者を利用した場合、ある程度金額と換金率の傾向は見えてくるものです。 あくまでもおよその金額ですが、クレジットカード現金化業者はだいたい20万円前後で換金率が変わってきます。 20万円以下の場合は、およそ80パーセント前後の換金率が一般的であると言えるでしょう。 20万円を超える場合は、およそ90パーセント〜95パーセントといったかなり高い換金率となることも少なくありません。 もちろんこれはあくまでも傾向ですし、価格帯による換金率は業者によってさまざまです。 個人で転売した場合は平均値にすらほとんど意味はないでしょう。 業者を利用する場合の参考として考えてください。